MENBER'S SQUARE

旅ゆけば・・・

世界で最も美しい散歩道

~ミルフォード・トラックを満喫~

岡村隆正

 一昨年12月にミルフォード・トラック(ニュージーランド)に行った。季節は初夏だが気温は20℃程度。夜中に日本を立ち、首都のオークランドに昼過ぎに到着。国内線に乗り換え2時間強で南島のクィーンズタウンへ。参加者は前日の夕方までに主催する民間会社の事務所に集まる。翌日朝、バスで出発し4泊5日のトレッキンッグが始まる。

ミルフォード・トラックは、フィヨルドの大自然を縦断する絶景のコースで、「世界で最も美しい散歩道」と言われている。コースは歩きやすく整備され、宿泊するロッジも快適そのものである。夕食は魚か肉を選択し、ビールやワインも好みに合わせて選ぶ。雨が多いので乾燥室が完備されており、翌朝までに靴も衣類もスッキリ乾かせる。

約40人が単位になっており、様々な国からやって来ている。それに5、6人のガイドが付く。参加者は毎日15~20kmを自分のペースで歩いていくのだが、そのガイドが道中の自然や動植物、景色の説明をしてくれる。素晴らしい自然、歩きやすい散歩道、快適なロッジ、おいしい食事とお酒、フランクなガイドなど観光立国にふさわしいハードとソフトが用意されている。

翻って、我が国も観光立国を標ぼうしているが、言葉だけが上滑りしているように思う。果たしてどこまで真剣に取り組めているのだろうか。中央政府が音頭を取り、法整備も交付金も中央政府が仕切り、地方政府は決められた枠内で現場施行するという構図では、地域らしさも出ないし、現場の実情に合ったきめ細かい施策もできないのではないか。


HOME   潮騒目次