MEMBER'S SQUARE

旅ゆけば・・・

~法然上人二十五霊場~

「光明寺」を参拝して

梶 弘延

4月17日に法然上人二十五霊場「光明寺」を参拝してきました。ご承知のとおり、法然上人二十五霊場は、浄土宗の開祖である法然上人ゆかりの寺院を巡る霊場巡拝です。当家が檀家となっている法蔵山大恩寺(寝屋川市秦町)の年間行事となっており、今回で14ヶ寺目となりますが、私としては4ヶ寺目です。

光明寺は、京都府長岡京市粟生にある寺院であり、西山浄土宗の総本山です。法然上人が初めて「念仏」の教えを説いた地として、また、紅葉の名所としても広く知られています。今回の参加者は24名、予定通り9時に寝屋川市を出発し、貸切りバスで光明寺へ向かいます。車中「到着時間当てクイズ」をしたりして、あっという間に光明寺に到着しました。

平日にも関わらず、多くの参拝者で賑わうなか、総門から「紅葉参道」を通って御影堂へ。中央には、法然上人が作ったといわれる「張子の御影」が安置されており、荘厳とした雰囲気が漂います。参加者一同で御経をあげた後、光明寺住職からお説法を拝聴しました。その後、阿弥陀堂、境内を見学させていただき、光明寺の参拝を終えました。

後半は観光です。昼食会場へ向かう途中にお土産物を買い、「筍亭」(京都市西京区)に到着しました。まだ桜が残る正面玄関前で説明を受けた後、離れに通されると、テレビドラマのロケに使用されたという店内は、大変落ち着きがあり、窓外の整然とした竹林も雰囲気を盛り立てます。「美味しい筍料理が食べてもらえる時期に」という担当総代さんの言葉にも頷ける料理と雰囲気を味わうことができました。

その後、某社ビール工場(長岡京市)を見学した後、ほろ酔い気分でバスに揺られながら、豪華賞品争奪のクイズ大会で大盛り上がりし、無事寝屋川市に到着しました。 大恩寺は、今年11 月に第43 世の晋山式(住職交代式)を執り行います。住職最後の二十五霊場参拝を無事に終えることができ、思い出に残る1日となりました。小生も今年で檀家総代の任期(4年)を終えます(ホッ)。


HOME   潮騒目次