MEMBER'S SQUARE

私の一冊

「沖縄から伝えたい、米軍基地の話 Q&A Book」 沖縄県:発行

推薦者:鎌田 徹

 沖縄県の翁長知事が8月8日亡くなった。普天間基地の辺野古移設に対する埋め立て免許取り消しと撤回の手段を講じ、工事を止めようとした「命がけの闘争」には頭が下がる。那覇市で8月11日に開かれた「辺野古土砂投入阻止県民大会」には、翁長知事追悼の思いも込めて7万人が集まったという。

 沖縄の米軍基地問題について沖縄県が作成したのが「沖縄から伝えたい‐米軍基地の話Q&A Book」という冊子。沖縄県庁のHP上(http://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kichitai/tyosa/qanda.html)で見ることができる。▽沖縄の米軍基地の歴史的側面▽米軍基地の現状と日米地位協定▽米軍基地と沖縄県経済、財政▽辺野古新基地建設問題の4章で構成しており、合わせて21の疑問についてデータ、写真を示すなど分かりやすく解説している。

 日本の国土面積の0.6%しかない沖縄県内に、全国の米軍専用施設面積の70.6%が集中しているという現実。その中で一体何がどうなっているのかを、沖縄以外の全国各地の人たちが知るために、一読を勧めたい1冊である。


HOME    潮騒目次