私のスケッチ帖 金田徳藏

「鉄道のある街」 XVI

南港ポートタウン線

トレードセンター前駅

 平成9年(1997年)12月、OTS大阪港トランスポートシステムのニュートラムテクノポート線の駅として開業。平成17年(2005年)、OTSから鉄道事業の譲渡を受けた大阪市交通局の駅となっている。駅周辺には、アジア太平洋トレードセンターや大阪府咲洲庁舎があり、一日乗降人員は12,800人である。

 南港ポートタウン線は、大阪南港・咲洲に造られた住宅団地やフェリーターミナルへの交通手段として、昭和56年(1981年)中ふ頭~住之江公園間(6.6km)が開業。平成9年にOTSのテクノポート線(現、中央線大阪港~コスモスクエア間2.4km)とニュートラムテクノポート線(コスモスクエア~中ふ頭間1.3km)開業して相互直通運転を開始している。

 現在、南港ポートタウン線(7.9km)の事業形態は、▽コスモスクエア~トレードセンター前間―交通局(第2種鉄道事業)、OTS(第3種鉄道事業)▽トレードセンター前~中ふ頭間―交通局(軌道事業)▽中ふ頭~フェリーターミナル間―交通局(第1種鉄道事業)▽フェリーターミナル~住之江公園間―交通局(軌道事業)。鉄道事業法と軌道法の見本市のような路線である。

※このスケッチ帖に描く場所(鉄道駅や沿線の街並み)の提案を金田まで一報下さい。


HOME  潮騒目次