私のスケッチ帖32

金田徳蔵「鉄道のある街」X

阪神電鉄・梅田駅

 阪神電車は、明治38年(1905年)大阪出入橋駅~神戸筒井通駅間を軌道法の軌道線として開業。明治39年(1906年)梅田駅~出入橋駅間を延伸、大阪側起点が梅田となる。昭和14年(1939年)梅田駅を地下化し、0.3㎞延伸、現在の駅が開業している。 昭和52年(1977年)軌道法に基づく軌道から地方鉄道法に基づく鉄道に変更。その後、平成5年(1993年)梅田駅―野田駅間を地下鉄線となり、西梅田再開発の街づくりを推進した。

 現在、大阪阪神ビルの建替え等、駅周辺の再整備を行っている。この駅も近く大改造に着手することになっている。