REPORT

会員が抱える「まちづくり課題」 

フリートーク「よってたかって議論」の要約

5月31日に行われた総会の後に、フリートーク「会員が抱えるまちづくり課題報告~『よってたかって議論』」が開催された。課題提供者は平峯悠、村橋正武、友田研也、松島清、前田秋夫、岡村隆正、道下弘子、田中賀鶴代の各氏で、その要約を掲載する。(文責:岡村隆正、鎌田徹)

■私たちはこれまで何をしてきたか! これからは何を目指していくのか!(平峯悠)

 「資料」として、1960年代から2000年代までの各10年間の法制度等、世相、社会の課題、都市計画・まちづくりの考え方、国の基本方針別の年表が提示された。

■これからの都市計画の考え方<空間概念の取り扱い>(村橋正武)

<討論>

■都市再生に関わる検討について(友田研也)

<提案>

<討論>

■『うめきた全体のまちづくり』と歩行者ネットワークのあり方について(松島 清)

<提案>

<討論>

■泉北高速鉄道の利用者と運賃(前田秋夫) 

「資料」として、「乗り継ぎケーススタディ」を提示し、「利用者は何を基準にルートを選ぶか」について提案した。

<提案>

<討論>

■市による総合計画のあり方(岡村隆正)

「資料」として、「市による総合計画のあり方」についての課題や提案などを示し、必要論を含めて参加者から考えを聞いた。

<討論>

■低所得者住宅のあり方(岡村隆正)

<提案>

■責任はどこにある? 災害・危機管理から考える(道下弘子)

 「資料」として、紀伊半島大水害の事例(直轄のみ)を取り上げ、問題点、課題、提案などを示した。

■おもてなし地域活性化プロデュース(2009~2014現在)(田中賀鶴代)

<提案>

<討論>


HOME  潮騒目次