私の一冊

ストラスブールのまちづくり

ヴァンソン藤井由実著 学芸出版社刊 

推薦者 鎌田 徹

  ストラスブールには、私も枚方LRT研究会の一員として、1999年に視察旅行している。LRTと街とがうまく調和していて、トランジットモールのところは、人も沢山出て賑やかであり、そこへきれいな形をしたLRTが滑るようにして入ってくる。中心街の駅(HommedeFer)は、丸い屋根で親しみのもてる形をしている。まさに、人が中心の町と感じた。

  ストラスブールには、多くの路面電車ファンや、まちづくりに関係する人が訪れ、いろいろ報告されているが、この「ストラスブールもまちづくり」は、その集大成ともいえる。この本を通じて

  これらのことが、11年間のストラスブール在住の経験から詳細に述べられている。 都市づくりを考えるにあたって、大いに参考になると思われる。

 ストラスブールのまちづくり: トラムとにぎわいの地方都市(amazonで調べる)