地域デザイン研究会1998フォーラムI

 外国の女性の方からみた、関西のまちづくりは?

 地域デザイン研究会では、去る1月31日に、下記のように、「日亜欧米おんなの激論対決」という題で、フォーラムを行いました。

 イタリアの、デル・ペッシュ・ラウラさんからは、「歴史を壊すのは犯罪である」という話が出たり、タイの松尾カニタさんからは、「もっと触れ合いを」、アメリカのカトリーナ・ルーチェさんから、「自然は宝モノ」、日本の岩井さんから「町家の保存と女性の人生」のような観点、正木さんから、「女性のバランス感覚をまちづくりに生かそう」等々いろいろ議論がなされました。

 ここでは、その要約をご紹介します。
 

(とき)
1998年1月31日(土)
14:00〜17:00

(ところ)
大阪府職員会館
(大阪府新別館北館4F)
大阪市中央区大手前3-1-43

(プログラム)
14:00〜14:10 開会あいさつ 平峯悠代表
14:10〜16:55 フォーラム
       ●ラウンド1/ミニパネル
              ・カトリーナ・ルーチェ(アメリカ合衆国)
              ・デル・ペッシェ・ラウラ(イタリア)
              ・松尾カニタ(タイ)
              ・正木啓子(日本)
               ・岩井珠恵(日本)
       ●ラウンド2/ディスカッション
              レフリー:平峯悠
              パネラー:カトリーナ・ルーチェ
                   デル・ペッシェ・ラウラ
                   松尾カニタ
                   正木啓子
                   岩井珠恵
16:55〜17:00 閉会あいさつ 藤田健二幹事長

パネラー紹介

地域デザイン研究会ホームページへ戻る