地域デザイン研究会2013フォーラム

大規模災害

復興の在り方を考える

まちづくりの視点から、事前に備えるには

チラシ

終了いたしました

■内容

■日時:2013年2月2日(土)13:15 開場

■会場:大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室
    (大阪駅前第2ビル5階)TEL:06-6345-5000

■プログラム:

 13:30 主催者挨拶

 13:45~14:30 (第1部) 報告「女川町他震災復興の地元の現実」 
    講師:久坂斗了氏(前UR都市機構宮城福島震災復興支援局計画調整第1チーム担当役)

 14:30~15:30 (第2部) ディスカッション
 「東北の現実から、大規模災害後の復興を考える~我々なら、こうする、こう考える~」
 パネリスト:岩本康男、小山二生、立間康裕、前田秋夫、松島清、道下弘子
 コーディネータ:岡村隆正
 テーマ:
   どこに住む(利便性と安全性)、
   地域共同体の存続(住み続ける意味、地域のつながり)、
   我々の国土・地域の姿(厳しく豊かな自然との接し方、風光明媚)

 15:45~16:45 (第3部) 鼎談
     「本来の復興、技術者の哲学、自然との対峙、国土と文明」
       片瀬範雄(元神戸市)、建山和由(立命館大学教授)、平峯悠(地域デザイン研究会理事長)

■主催:NPO法人地域デザイン研究会大阪市中央区平野町2-2-8 イシモトビル TEL:06-6231-0550 FAX:06-6202-7201
E-mail:office@npo-rdi.com  URL:http://www.npo-rdi.com/frame.htm

■資料費:1,000円(学生は無料)

■参加申込み
参加申込みは、氏名、所属、メールアドレスを記入のうえ、FAX(06-6202-7201) または、<office@npo-rdi.com> にてお知らせください。

■後援

(社)日本都市計画学会関西支部、(社)土木学会関西支部、
(社)日本建築学会近畿支部(予定)、(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部